■ Win32 APIを使用する

Win32 APIを使用するにはSystem.Runtime.InteropServicesを使って、以下のように宣言する。DllImport属性で目的のAPIが属するDLLを指定する。呼び出しは通常のメソッド呼び出しと同様に行うことができる。

using System.Runtime.InteropServices;

namespace Test
{
    public class Form1 : System.Windows.Forms.Form
    {
        [DllImport("user32.dll")]
        extern static IntPtr GetDesktopWindow();

        // 途中省略

        private void menuItem1_Click(object sender, System.EventArgs e)
        {
            IntPtr h = GetDesktopWindow();
            Debug.WriteLine("h = " + h);
        }
    }
}

この例ではAPIのGetDesktopWindowを呼び出してデスクトップのハンドルを取得している。

(2005/07/12)

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】画像の向きを指定して保存する(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】UIImagePickerControllerの表示を日本語にする(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】ウィンドウの階層構造を3D表示する(Swift)

Copyright(C) 2004-2012 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]