■ ファイルの共有モードを指定する

ファイルの共有モードは、普通にStreamReaderのインスタンスを生成するだけでは任意に指定できない。FileStreamのコンストラクタで、以下のように共有モードを指定してインスタンスを生成し、それをStreamReaderのコンストラクタに渡してインスタンスを生成すると良い。

    FileStream fs = new FileStream(fileName,FileMode.Open,FileAccess.Read,FileShare.ReadWrite);
    StreamReader sr = new StreamReader(fs,Encoding.Default);

この例ではFileStreamコンストラクタの第4引数にFileShare.ReadWriteを指定している。共有モードでFileShare.ReadWriteを指定しておくと、別のプロセスがファイルオープンを要求したときに制限なしで共有することが可能になる。

(2004/11/10)

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】ファイルアップロード(Swift)
【オープンソースソフトウェア環境構築】Amazon S3にアクセスするSparkアプリケーション
【iOS Objective-C, Swift Tips】ジオコーディング(Swift)

Copyright(C) 2004-2012 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]