対象:
Swift

iOSのバージョン判定(Swift)

UIDeviceのsystemVersionを取得すると、iOSのバージョンを判定できる。systemVersionは文字列なのでFloatに変換してから判定を行う。

        if (UIDevice.currentDevice().systemVersion as NSString).floatValue >= 8.0 {
            // iOS 8以上のときに実行するコード
        }

Swift 2.0では#availableブロックが利用できるようになった。というより、それが必要なメソッドには強制されるようだ。

            if #available(iOS 8.0, *) {
                // NSLocationWhenInUseUsageDescriptionに設定したメッセージでユーザに確認
                locationManager.requestWhenInUseAuthorization()
            }
(2015/01/31)
(2015/09/27 更新) Swift 2.0対応。

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】画像の向きを指定して保存する(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】UIImagePickerControllerの表示を日本語にする(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】ウィンドウの階層構造を3D表示する(Swift)

Copyright(C) 2004-2016 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]