対象:
Swift

If文(Swift)

SwiftのIf文も一応書いておく。普通にif、else if、及びelseを書くことができるし、else ifとelseはなくても良い。条件式の後の{}は必須である。因みに、以下の例では(nが-1なので)if節とelse節は実行されないことがコンパイル時に分かるので、"Will never be executed"と警告されるが実行はできる。

        var n = -1
        if n > 0 {
            print("nは正数です。")
        } else if n < 0 {
            print("nは負数です。")
        } else {
            print("nは0です。")
        }

文字列は==比較演算子で判定できる。

        var s = "mobile"
        if s == "mobile" {
            print("モバイルです。")
        }

論理AND演算子(&&)や論理OR演算子(||)も使える。

        var a = 0
        if a > -10 && a < 10 {
            print("aは1桁の整数です。")
        }
        var terminal = "ipad"
        if terminal == "iphone" || terminal == "ipad" {
            print("iOS端末です。")
        }
(2015/02/06)
(2015/09/27 更新) Swift 2.0対応。

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】画像の向きを指定して保存する(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】UIImagePickerControllerの表示を日本語にする(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】ウィンドウの階層構造を3D表示する(Swift)

Copyright(C) 2004-2016 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]