対象:
Swift3

iOS 8以降で使えるUIAlertController(Swift)

iOS 8ではUIAlertViewがdeprecatedになり、新たにUIAlertControllerが用意された。preferredStyleでUIAlertControllerStyle.alertを指定すれば、UIAlertViewと同様にUIAlertControllerを利用できる。作成したalertを表示するにはpresentメソッドを利用する。

        let alert = UIAlertController(title: "Alert表示", message: "OKを押してください。", preferredStyle: .alert)
        alert.addAction(UIAlertAction(title: "OK", style: .default) { action -> Void in print("OKが押されました。") })
        present(alert, animated: true, completion: nil)

これを実行すると、以下のようなダイアログが表示される。


(2015/05/12)
(2016/10/22 更新) Swift 3.0対応。

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】画像の向きを指定して保存する(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】UIImagePickerControllerの表示を日本語にする(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】ウィンドウの階層構造を3D表示する(Swift)

Copyright(C) 2004-2016 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]