カテゴリ:
JavaScript

配列のすべての要素を参照、更新する

配列のすべての要素を参照するには古来for文が使われてきた。しかし、最近の言語ではforeach等の制御文やメソッドが用意され、配列のすべての要素の参照が簡潔に記述できるようになっている。

JavaScriptでも配列にforEachメソッドが用意されている。ただし、forEachメソッドは仕様としては新しい部類に入り、残念ながら古いブラウザでは利用できない。forEachメソッドの例を以下に示す。

	var data = [100, 200, 300];
	data.forEach(function(element, index) {
		if(window.console) console.log('data[' + index + ']: ' + element);
	});
data[0]: 100
data[1]: 200
data[2]: 300

forEachメソッドに渡される関数の引数は3つあり、要素、インデックス(0から)、および配列そのものである。このうち、後の2つについては省略できる。配列そのものも渡されるので、参照だけでなく更新も可能なところがポイントである。

	data.forEach(function(element, index, arr) {
		arr[index] = element + 1;	// 配列を更新
	});
(2013/02/05)

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】アプリアイコンにバッジを表示(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】画像の向きを指定して保存する(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】UIImagePickerControllerの表示を日本語にする(Swift)

Copyright(C) 2004-2015 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]