今日からあなたもLinuxシステム管理者

tar

 アーカイブファイル(.tar)を操作する。アーカイブからファイルを抽出するにはxvfオプションを指定してtarコマンドを実行する。
[mobile@localhost mobile]$ tar xvf archive.tar
 アーカイブ内のファイルの一覧を表示するにはtvfオプションを指定してtarコマンドを実行する。
[mobile@localhost mobile]$ tar tvf archive.tar
 アーカイブを新たに作成するにはcvfオプションを指定してtarコマンドを実行する。アーカイブ対象のファイル又はディレクトリも忘れずに指定する。
[mobile@localhost mobile]$ tar cvf archive.tar logdir
 また、ネット上に置かれているアーカイブファイルはtarでアーカイブ後、gzipで圧縮されているものもある。これらは一般に.tar.gzのような拡張子を持っている。gzipで展開後にtarで操作することももちろん可能なのだが、tarでzオプションを指定することでgzipにフィルタすることが可能になる。tar.gzアーカイブからファイルを抽出するには以下のように入力する。
[mobile@localhost mobile]$ tar zxvf archive.tar.gz
 tar.gzアーカイブ内のファイルの一覧を表示するにはztvfオプションを指定してtarコマンドを実行する。
[mobile@localhost mobile]$ tar ztvf archive.tar.gz
 tar.gzアーカイブを新たに作成するにはzcvfオプションを指定してtarコマンドを実行する。アーカイブ対象のファイル又はディレクトリも忘れずに指定する。
[mobile@localhost mobile]$ tar zcvf archive.tar.gz logdir

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】アプリアイコンにバッジを表示(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】画像の向きを指定して保存する(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】UIImagePickerControllerの表示を日本語にする(Swift)

Copyright(C) 2004-2015 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]