対象:
CRuby
JRuby

Active SupportによるJSONとRubyオブジェクトの相互変換

AJAXではおなじみのJSONとRubyオブジェクトの相互変換を行う方法の1つにActive Supportを使うという手がある。

Active Supportではなく、JSONライブラリを利用する方法もある。これについては以下のリンクを参照していただきたい。

JSONライブラリによるJSONとRubyオブジェクトの相互変換

JSONからRubyオブジェクトに変換するのがJSON.decodeメソッド、RubyオブジェクトからJSONに変換するのがJSON.encodeメソッドである。

require "rubygems"
require "active_support"

# JSONからRubyオブジェクトに変換
ruby_array = ActiveSupport::JSON.decode("[1, 2, 3]")
ruby_hash = ActiveSupport::JSON.decode('{"CPU": "Core i7", "Memory": 8, "HDD": 500}')
p ruby_array
p ruby_hash

# RubyオブジェクトからJSONに変換
json_array = ActiveSupport::JSON.encode(ruby_array)
json_hash = ActiveSupport::JSON.encode(ruby_hash)
p json_array
p json_hash

このコードの実行結果は以下である。

[1, 2, 3]
{"CPU"=>"Core i7", "Memory"=>8, "HDD"=>500}
"[1,2,3]"
"{\"CPU\":\"Core i7\",\"Memory\":8,\"HDD\":500}"

また、ArrayやHashに対してto_jsonメソッドを使用することもできる。

# to_jsonメソッドでJSONに変換
json_array = ruby_array.to_json
json_hash = ruby_hash.to_json
(2012/03/24)

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】画像の向きを指定して保存する(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】UIImagePickerControllerの表示を日本語にする(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】ウィンドウの階層構造を3D表示する(Swift)

Copyright(C) 2004-2014 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]