JVMのメモリ割り当てサイズを指定する

Scalaスクリプト実行時のJVMメモリ割り当てプールのサイズは、-Jオプションに続けて書くことで指定できる。例えば、最大割り当てサイズを512MB、初期割り当てサイズを128MBにするには以下のようにする。

-Jの後の-Xmx512m、及び-Xms128mがそのままJVM起動時のオプションとして渡されることになる。

scala -J-Xmx512m -J-Xms128m something.scala
(2013/07/21)

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】ファイルアップロード(Swift)
【オープンソースソフトウェア環境構築】Amazon S3にアクセスするSparkアプリケーション
【iOS Objective-C, Swift Tips】ジオコーディング(Swift)

Copyright© 2004-2018 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]