String補間

Scala 2.10から大変重宝するString補間機能が備わっている。これはRubyの式展開(#{式})に良く似ている。

例えば、f補間子を使って文字列の中に変数を埋め込むことができる。変数の場合は頭に$を付けて書くか、もしくは式の場合は${}で括る。

var ct = new Date
println(f"現在日時: $ct 式もOK ${1 + 1}")
現在日時: Sun Jul 28 22:39:12 JST 2013 式もOK 2

f補間子はそれだけに止まらず、Cのprintfのような書式指定も可能となっている。

var n = 3
println(f"書式指定あり: $n%02d")
書式指定あり: 03

というより、そもそもf補間子の場合は%で始まる書式を指定するのが基本で、これがない場合%sが仮定される。

(2013/07/28)

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】アプリアイコンにバッジを表示(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】画像の向きを指定して保存する(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】UIImagePickerControllerの表示を日本語にする(Swift)

Copyright(C) 2004-2015 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]