If式

ScalaのIfは値を返す。それを端的に示す例がこれだろう。

val cond = true
val n = if (cond) 1 else 0
println(f"nは${n}です。")
nは1です。

ScalaにCで良く使われる三項演算子はない。しかし、代わりに上記のようにIf式を使って書くことができる。

また、{}を使ってブロックを置くこともできる。ブロックで値を返す場合は、if節、あるいはelse節の最後の行が返る。

val m = if (cond) {
  println("condはtrueなので1を返します。")
  1
} else {
  println("condはfalseなので0を返します。")
  0
}
println(f"mは${m}です。")
condはtrueなので1を返します。
mは1です。

もちろん、普通のIf文として使うこともできる。

// 普通のIf文として使う
val num = -1
if (num == 0) {
  println("numは0です。")
} else if (num < 0) {
  println("numは負数です。")
} else {
  println("numは正数です。")
}
numは負数です。
(2015/02/16)

新着情報
【iOS Objective-C, Swift Tips】画像の向きを指定して保存する(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】UIImagePickerControllerの表示を日本語にする(Swift)
【iOS Objective-C, Swift Tips】ウィンドウの階層構造を3D表示する(Swift)

Copyright(C) 2004-2015 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]