配列の初期化、全要素に対する処理

Scalaの配列はArrayを使って宣言、初期化する。配列のすべての要素に対して何か処理を行うにはforeachメソッドが便利だ。

var ar = Array(0, 1, 2)

// すべての要素を表示(かなり簡潔な書き方)
ar.foreach(println)

もちろん昔ながらのfor文で配列の要素数を利用してすべての要素に対して処理を行うこともできる。配列の要素数はlengthプロパティまたはsizeプロパティで取得することができる。配列の要素は()を使って取り出すことができる。

// ar.lengthはar.sizeでも同じ
for (i <- 0 until ar.length) {
  ar(i) = ar(i) * 10 // 値の更新
  println(ar(i))
}
(2013/08/06)

新着情報
【Rust Tips】Actix webでJSONをPOSTする
【Rust Tips】コマンドライン引数を取得する
【Rust Tips】現在日時を取得する

Copyright© 2004-2018 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]