■ オープンソースソフトウェア環境構築

まずは開発環境を整えよう。Linuxの開発環境は基本的にVirtualBox上のFedoraで構築しているが、他のディストリビューションでも参考になるかもしれない。

Virtual PC 2004でLinuxThinkPad X31にVirtual PC 2004で仮想Linuxサーバ環境を構築
Tomcat環境構築メモTomcat + PostgreSQLで環境構築。接続プール(DBCP)、CATALINA_OPTSによるJAVA VMのヒープサイズ設定等。
PostgreSQL環境構築メモ(7.3.4)TomcatからPostgreSQLへ接続するための設定方法。
Virtual PC 2007でLinux(Fedora Core 5)ThinkPad X60sにVirtual PC 2007でFedora Core 5をインストール。オープンソースソフトウェア検証のベースに。
GlassFish環境構築(インストール)GlassFishのインストール(Ant)及びログ等の設定方法。
mod_jkによるApache-GlassFish連携環境の構築mod_jkを用いてApache-GlassFish連携環境を構築する。(難易度高)
LVS(Linux Virtual Server)による負荷分散環境の構築LVS(Linux Virtual Server)の設定等、Linuxをロードバランサとして利用。
VirtualBoxでLinux(Fedora 8) - Guest Additionsのインストール、共有フォルダの設定 -ThinkPad X61にVirtualBoxでFedora 8をインストール。Guest Additionsのインストール方法や共有フォルダの利用方法等。
LVS(Linux Virtual Server)によるロードバランサの構成(VirtualBox編)VirtualBoxでLVS(Linux Virtual Server)の設定等、Linuxをロードバランサとして利用。
Fedora 16によるRuby on Rails 3.2.2環境の構築VirtualBox上にFedora 16をインストールし、Ruby on Rails 3.2.2環境を構築する。

Copyright(C) 2004-2012 モバイル開発系(K) All rights reserved.
[Home]